WordPress講座、サーバー情報、強力なプラグイン、綺麗なテーマ(テンプレート)の紹介

海外レジストラ(Moniker)からムームードメインへドメイン移管 実演!

引っ越し

 

海外レジストラ(Moniker)から国内のレジストラへドメイン移管

本サイトで紹介しているドメインバックオーダー業者(Snapnames)で取得したドメインは兄弟会社であるレジストラ「 Moniker 」で管理されますが、日本のレジストラで管理されたい方が多いようなのでMonikerからムームードメインへドメイン移管の実演をしてみたいと思います。
 
Monikerはとても良いドメインレジスタなので変更する必要は無いのですが、どうしても日本のレジスタが良いとお考えの方は実践してみてください。

“Moniker” is a very good registrar.
I do not recommend changing a register contractor.

 
1、ドメイン移管が可能か確認!
 
ドメイン移管方法は移管したいレジストラにマニュアルがあるはずなので確認してもらいたいのですが全てのドメインが移管できるわけではないので注意して下さい。
 
今回移管先に考えているレジストラ「ムームードメイン」には以下の条件の場合、移管が行えません。

ドメイン移管不可能な条件
1..com、.net、.info、.org、
  .biz、.cc、.bz、.vc、.mobi、
  .tv、.me以外のドメイン
2.お客様が管理・契約していないドメイン
3.取得から60日以内のドメイン
4.有効期間が9年以上残っているドメイン
5.有効期間が残り14日以内及び期限切れのドメイン
6.現レジストラがロックをかけているドメイン

 

どこのレジストラでも同様の内容かと思いますが再度確認してみてください。
 
2、移管の際必要になる認証コード(AuthCode)
 
移管を行う際に、認証コード(AuthCode)が必要になります。
認証コード(AuthCode)は移管元のレジストラしか調べることが出来ませんので、新しいレジストラに移管手続きをする前に準備しなければなりません。また、トランスファーロック(移管が出来ない様にロックされている)を解除しなければなりません。
 
レジストラ「 Moniker 」の移管手続きは管理画面から行うことが出来ます。
 

「 Moniker 」管理画面から移管手続きをする

管理人も外国(Moniker)からのドメイン移管は初めての為に Monikerにドメイン移管方法を問い合わせしました。
 
問い合わせ
 
移管に際し費用は発生しません。発生するのは移管先の方で1年分の更新費を支払うケースが多いようです。更新費なので今の期間に1年プラスされることになります。
 
実際にやってみます。
 
1.あなたのMonikerアカウントへログインします
簡単なので割愛します。
 
2.Transfer Domains out
 
2.transfer domain out
 
“My Account”の“Dashboard”から移管したいドメインを選択して“Transfer Domains out”をクリックします。
 
3.Transfer Out Policy
 
2-2.transfer domain out同意
 
”Transfer Out Policy”に目を通し同意後、問題がなければ“Save”をクリックします。
移管理由などあれば書いてください。
 
結果
 
この画面が出れば完了です。
あとはMonikerからAuthCode(認証キー)が届くまで待ちます。
 
4.移管するドメインのステータスを確認
 
status2
 
トランスファーロックが解除されステータスが”PENDING TRANSFER”になっています。
 
5.認証コード(AuthCode)メール
 
ドメインの管理者として登録しているメールアドレスにAuthCode(認証キー)が届くので、10日内に希望する移管先で手続きを進めなければなりません。
 
authorizationcodesmail
 
認証メールは当然英語です。必要なものはAuthCode(認証キー)だけなので恐れることはありません。ただし、迷惑メール等に振り分けられる場合がありますのでそんなことがないように注意して下さいね。
 

「 ムームードメイン 」移管申請

「 ムームードメイン 」管理画面から移管申請をします。
 
ムームードメインに登録している方を前提に説明しますのでまず、ムームードメインに登録がない方はここから登録して下さい。
 



 
1.ムームードメインアカウントへログイン
あなたのムームードメインアカウントへログインします。
 
ムームードメイン移管画面
 
上部にある”移管”をクリックして上記画面を開きます。
移管が可能なドメインと移管費用が表示されますので確認して下さい。
 
レジストラ移管が完了すると現在のドメインの契約期間に一年分の期間が追加されます。つまり移管費用と言うより1年分の更新費を支払うイメージです。
 
2.移管申請
 
ムームー移管申請
 
ユーザー登録は済んでいるはずなので”ユーザー登録済み”にCheckします。
 
移管入力
 
移管ドメイン入力
 
移管するドメインと”Moniker”から入手した”AuthCode(認証キー)”を入力します。
 
移管ドメイン入力金額
 
移管ドメイン入力金額
 
移管に必要となる金額が表示されます。
ムームードメインでは新規登録料と同じ金額の様です。
 
申請完了
 
申請受領
 
上記のような画面が出れば申請完了です。
ムームードメインで登録したメールアドレスに確認のメールが送信されますので確認して下さい。
 
申請の費用は移管が完了した時点で請求されることになります。
 
レジストラ移管は、移管先・移管元の上位レジストラにて確認期間を経て完了とする為、完了までに3日から2週間程度かかります。ドメインの種類毎に期間は違うので注意して下さい。
 
申請後のステータス確認
 
申請後のステータス
 
コントロールパネルを開き移管したドメインが”移管申請中のドメイン”に表示されている事を確認して下さい。
 
トランスファー承認
申請後、数日すると”トランスファー承認手続きのお願い”と言うメールが届きます。
ここで最終的なトランスファーの承認を行います。
 
トランスファー承認手続きのお願いmail
トランスファー承認
 
承認フォーム
承認フォーム
 
この承認は”Moniker”、”ムームードメイン”双方に送られる正式なものみたいなので確実に承認しなければなりません。
※トランスファー承認後は、現レジストラがトランスファー申請を拒否しない限り5暦日以内にトランスファーが行われます。
 
ムームードメインは初心者でもわかり易いのでおすすめです。
 



 
わからないことがあればコメント入れて下さい。

関連記事

コメント

    • タック
    • 2013年 11月 27日

    いまどきさん
    はじめまして。以前ムームードメインで管理していただいていた自分のドメインが
    うっかり期限切れしていまして気づいた時にはアメリカの業者と思われる者に登録されていました。
    もうすぐ1年がたつのでwhoisを見たところ
    Registrar: ENOM, INC.
    Whois Server: whois.enom.com
    Referral URL: http://www.enom.com
    Name Server: DNS1.NAME-SERVICES.COM
    Name Server: DNS2.NAME-SERVICES.COM
    Name Server: DNS3.NAME-SERVICES.COM
    Name Server: DNS4.NAME-SERVICES.COM
    Name Server: DNS5.NAME-SERVICES.COM
    Status: clientTransferProhibited
    Updated Date: 30-mar-2013
    Creation Date: 30-nov-2004
    Expiration Date: 30-nov-2013
    となっていました。
    これはこの業者が更新しなかった場合、11月30日に期限が切れるということでしょうか?
    そして1ヶ月後の12月30日に猶予期間が終わるということで間違いないでしょうか?
    このドメインは他のサイトにリンクもせず、自分たちの音楽を搭載しているだけのサイトでした。
    2004年に登録したというだけの価値しか無いとおもわれますがバックオーダー業者を使わずに
    自分でムームードメインから再取得出来るものでしょうか?
    ぶしつけな質問で恐縮ですがお時間のある時にでもお返事いただければ幸いです。

      • いまどき
      • 2013年 11月 29日

      タックさん

      はじめまして!
      Writetomyblogのいまどきです。

      ●期限について
      ドメインのプロではなくて・・期限に関しては自信がありません。ドメインをリリースする日は12月30日近辺?と考えた方が良さそうです。と言うのもリリースは何日か前後するような気がします。いまどきも何度か追いかけましたがリリース日に見ると大体誰かに取られています。気を付けてください。ドメインによりリリース時間が違うし時差がありますのでだいたい朝方になります。なかなか難しいですよ。。。。

      ●バックオーダー業者を使わずに再取得?
      所持しているのが業者ならまず更新されてしまうと思います。
      業者が更新しなかった場合、ムームードメインなどから取得できますが全世界の方と競争になります。人気のないドメインであればチャンスは十分にありますが、2004年物のドメインで同じユーザーが音楽関係でずっと使用していたとなると微妙な感じがします。

      確実に取得したいならバックオーダーを利用した方が良いと思います。業者と素人ではスピードが違います。Googlerank(被リンク)が無いならオークションにはまずならないと思いますので・・・

      その前に現在の業者がレジストラ?バックオーダー業者ならその業者から直接購入したら如何でしょうか?良心的なドメイン業者ならバックオーダーと同じ位の価格では???

      すみません。正しい回答ではないかも知れませんので参考程度にして下さい。

    • タック
    • 2013年 12月 06日

    いまどきさん
    返答ありがとうございます。
    一度レジストラにメールしてみます。
    あとバックオーダー業者に注文する際の手数料は
    登録料込みと考えていいのですか?
    バックオーダーの料金が69ドルなら他に料金がかかりますか?
    質問ばかりで恐縮です。

      • いまどき
      • 2013年 12月 06日

      バックオーダーの手数料は”一年間+バックオーダー料金”つまり”コミコミ”です。

    • ナオ
    • 2014年 3月 23日

    お世話になります。

    以前もこちらのサイトを参考にさせていただきました。
    ものすごくわかりやすいので友人10人くらいにシェアさせていただきました。

    本当にありがとうございます!!

    ちなみに質問ですが。monikerやbigrockなどはドメインは自動更新なのでしょうか?

    よろしけれな教えていただけたらと思います。

      • いまどき
      • 2014年 3月 24日

      ナオさん

      初めまして!

      monikerは利用していましたが、現在では全て国内のレジストラに移管してしまいました。
      暫く利用してなかったからかアカウントもなくなっている状況です。

      お力になれずごめんなさいm(__)m

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*



にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村

QLOOKアクセス解析
1G4nmzdIc9r9FUV1402471565_1402471688
WordPressテーマ「BlogPress (TCD010)」
1位:このサイトのテーマ(*^^)v(TCD010)

WordPressテーマ「Gorgeous (TCD013)」
2位:PVがかなり上がるぜぃ(^O^)(TCD013)

WordPressテーマ「CUBEY (tcd023)」
3位:アドセンスのクリック率UP!(TCD023)

ボタンマルシェ - ButtonMarche
プロデザインのボタン素材完全無料!